読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPYSEE2 BLOG

あのひと検索SPYSEE2の便利な使い方・意外な情報を発信するブログです。

江戸時代の人間関係をみる

こんにちは。今回もSPYSEE2の意外な使い方を紹介します。

大河ドラマや歴史ドラマなどで江戸時代や戦国時代のお話を見ることも多い今日この頃ですが、実際のところ江戸時代の人間関係や派閥ってどうなっていたのか気になる方も多いのではないでしょうか。
また歴史の勉強を始めた学生なども人物を相関図で見ると覚えやすいのではないでしょうか。

実はSPYSEE2では、歴史上の人物についても検索できるんです!
その例のひとつとして、今回は江戸幕府に関連する人物を探ってみました。

 

それではまず江戸幕府についてのネットワーク図をご覧ください。

f:id:spysee2:20160920190135p:plain

徳川家を中心としたネットワーク図となっていることがわかります。
このネットワーク図をよく観察すると、江戸時代にどのような派閥やつながりがあったのかを見ることができます。 


f:id:spysee2:20160922152608p:plain

徳川家康を含めたネットワーク左側に注目すると、家康の息子や孫である秀忠、家光らが確認できます。これらの人物は江戸時代初期において活躍していた人物です。

さらに徳川家康の周りには織田信長豊臣秀吉らも登場しています。この2人は江戸時代の人物ではありませんが、それ以前に天下統一をした人物として家康とよく比較されることが多いため、同じWEBページに登場することが多くつながりとして抽出されていると考えられます。


f:id:spysee2:20160922152737p:plain

こちらは江戸時代の末期、明治維新で活躍した人物が確認できます。
西郷隆盛大久保利通坂本龍馬らは明治維新の中心人物であり、こういった人物もきちんとグループ化されているため、ひと目で派閥もわかりますね。


f:id:spysee2:20160922152817p:plain

こちらは大飢饉により大塩平八郎の乱を起こした大塩平八郎が確認できます。大塩平八郎は複数の奉行と関わっていることがわかります。


f:id:spysee2:20160922152856p:plain

こちらでは江戸の三大改革に関わりの深い徳川吉宗田沼意次松平定信水野忠邦が確認できます。
なおそれぞれの人物についての詳細を知りたい場合には人物をクリックすることでプロフィールを見ることができます。ネットワーク図を見ながら気になる人物をクリックしてプロフィールを読むということを繰り返すと、勉強の理解も深まるかもしれません。


以上のように江戸幕府に関連する人物を勉強する際に、人物相関図を見ることで視覚的に把握できることがわかりました。
歴史の勉強や関心に少しでもお役立ちできたら幸いです。

今回のネットワーク図には他にも江戸時代の文化人のいるグループなども確認することができるのでぜひ見つけてみてください。
また江戸幕府だけでなく、他のキーワードについてもネットワーク図で視覚的に理解することが可能です。

 

今回使用したネットワークはこちらからご覧いただけます。

 

SPYSEE2は誰でも無料で利用することができます。
人物百科事典やSNSとは異なる視点で、意外なつながりの発見をぜひお試しください。

■あのひと検索SPYSEE2
http://spysee2.jp

※SPYSEE2では、インターネット上での共起関係(2人の名前が同じ記事上に登場している等)やAI技術を用いることで人物間のつながりを計算しています。
さらに自動で計算するだけでなく、ユーザーが手動でつながり編集をすることでさらなる精度向上を図っています。

 

Ohma Inc.